So-net無料ブログ作成

素敵な娘 [素敵な娘]

最後ふたをかぶせる前にそこに手をついて神様に乗られたんですね。その祈りが神様ありがとうございました。こんなに素敵な娘と20数年間共に過ごすことができました。感謝します。って祈られたと気には本当に感動してですね。こういう祈りができるクリスチャンのお母さんがいるんだとあのそれは今でもね鮮明に覚えてるんですね。今日のこれから私たちが取り上げるお話は非常に悲劇的な話です。しかし最後は素晴らしい結果がそこから生まれてくるとそういう話ですね。いつものように文脈を確認するところからスタートいたしましょう。山上の垂訓は終わりました。そしてイエスキリストが山から平地に降りて様々な活動及び押しをなさるわけですね。前回もいいました。がこの辺りではイエスの教えと奇跡が交互に出てきます。

ベルタ 葉酸サプリ amazon
nice!(0)  コメント(0) 

甘露寺

こんにちは。 甘露寺をご存知ですか?回使徒信条について連続メッセージをしようと決心したわけです。 けどもなぜこの時期にしと心情を語るのかそれは異端やカルトの教えに騙されないようにするためです。 私たちが霊的な防衛策を身につけておく必要がある今の世の中はありとあらゆるをかしげな教えが発生しまたそれが広がってくる時代です。 と同時に切り俺が吹き荒れてそれに揺り動かされることが多いんです。 はっきりと痛んだはるとだとレッテルを貼ることができるものはまだ見分けがつきやすいです。 ところがみことばを引用しつつでも聖書本来の教えではない方向に持っていこうとする怪しげなものが今のキリストを連れ戻しに来た母と兄弟たちで平行箇所は丸子3-31から35対12の46から58の19から21個の三つが平行箇所です。 私たちは主にマタイの福音書取り上げています。 しかし他の福音書も必

nice!(0) 

キリュウイン

こんにちは。 キリュウインをご存知ですか?みに種をまきます。 そして収穫の時ってのは終わりの時よの終わりの時ですね。 ここでこれ言っ様の終末論です。 けどイエス様の週末理解とユダヤ人達の性と違うユダヤ人達はね神の奥に行った時に突如それが起こると思ってた飯屋が登場したら革命的にね激減が起こって神の国が到来すると思っていたしかしイエス様はそういう経験による上ノ国を提唱してるんじゃないまず種をまくところから上ノ国が広がりそだち最後は終わりの時が来てそして収穫する時は来るんだよそれが協会時代にそれが奥義としてのみくんの時代です。 個人的すくいと成長は御言葉の種を撒くところから始まらそしてこれが地球レベルでも同じことが起こる少数のイエスの弟子たちからクイーンが始まりローマ世界をひっくり返しそしてキリスト教が地の果てまでも伝えられる時代にはなってるわけ

nice!(1) 

胎蔵界

こんにちは。 胎蔵界をご存知でしょうか?たみがわかるっていうことです。 ですから次のページをひらいてください。 バッドニュースについて話をします。 Bad NEWS ってのは聞きたくない話です。 嬉しくない話です。 開くと湖面が見えています。 が日本にも誇るべき湖があります。 琵琶湖ありは各地に様々な湖があります。 この写真はガリラヤ湖の写真です。 この湖でイエスキリストが弟子たちと船に乗って向こう岸に渡られたという記事があるあの湖です。 この湖の波は今日高いですかなみは低いですか皆さんの目からどう映ります。 この波は低い低いです。 波が全くないってわけじゃないねこのガリラヤ湖の湖面を見ているとまるで私たちの人生そのもののような感じがしますね。 あなたの今心の中は波がなくて全く鏡のようですかあるいは涙ってますかありは嵐ですかこれぐらいの波だなぁと思う方は波の苦しみ

nice!(0) 

多くの群衆 [多くの群衆]

このイエス様のお言葉をしっかり受け止め用事ありません。かそして弟子たちこの時の弟子たちは豊かな休息をとるに値する働きをしてきたんですから休むということについて後ろめたさを感じるしておりません。ところが次二番目に行こうね多くの群衆がくっついてくるんですよ。32節から33節ご一緒にはいそこで彼らは船に乗って自分達だけで寂しいところへ行ったところが多くの人々が彼らの出ていくのを見それと気づいて工房のまち町からそこへ徒歩で駆けつけ彼らよりも先に着いてしまったとあります。船に乗って寂しいところへ行ったんです。がここで自分たちだけでトイレには帰されてます。がということはイエス様は船にはいなかったの ISSA の船にいたじゃあ自分たちだけでっていう言葉は弟子たちだけでという風に理解しちゃいけないとで分かるね
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。